#20 声を出したらいけないの?

note

noteを更新しました。

手話の世界における「声」は、珍しくもあり、時には異質なものになったり、でも人を救うことにもなったり。と不思議な存在感があります。
音声言語の世界では、声を使って話すことが当たり前なのでわざわざ「声」がどういう存在なのかを考えるまでもないでしょう。。

今回は手話の世界のおける「声」ついてのお話です。
どうぞご覧ください。

#20 声を出したらいけないの?|NPO法人にいまーる|note
NPO法人にいまーるの理事・臼井です。 にいまーるは、障害福祉サービス事業を中心に手話普及活動も行なっている団体であり、ろう者と聴者が一緒に働く職場です。 障害福祉サービスの利用者は全員耳が聴こえません。 しかし、スタッフの比率は、ろう者2割:聴者8割と、聴者が多いので、双方の文化の違いが垣間見え、時には食い違うことも...